投資信託の罠

ここでは、「投資信託の罠」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資信託の罠
投資信託の罠
価格: 1,260円
販売元: 楽天ブックス

知らない人だけが損をする 著者:週刊ダイヤモンド編集部出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:187p発行年月:2007年08月この著者の新着メールを登録する週刊ダイヤモンド編集部の特別取材班が、投資信託、仕組み債、外貨預金、保険、年金など金融商品の裏側を徹底取材。各金融商品の仕組みと、そこに仕組まれた巧妙な罠を明らかにする。本当は、どの金融商品がお得なのか、リスクとリターンとコストの関係をズバリ公開。これを読めば、金融機関にはだまされない!【内容情報】(「BOOK」データベースより)少額からでも、低コストで、プロの運用の成果を得られる。投資信託は、そんな金融商品であるはずだった…。しかし、日本の現状はどうだろうか?高コストの商品、投資家の勘違いに付け込もうとする商品があふれ、投信会社は販売会社の顔色ばかり見ている。割に合わない商品の罠にはまってはいけない。本書では、投資信託のコストを分析し、販売現場の実情を明らかにした。【目次】(「BOOK」データベースより)1 口八丁手八丁のセールスの手口に乗せられるな(利益誘導と難解な用語で勉強不足をごまかすトーク/いい加減なデータで購入を迫るセミナーに気をつけろ! ほか)/2 投資信託には資産を食い潰す罠が仕掛けられている(グロソブがわかれば金融商品の裏の仕組みがわかる/金融商品は顧客心理のこんな盲点を突いてくる ほか)/3 “罠”が仕掛けられた危ない投資信託の仕組みを一挙掲載(毎月分配型投信 安心、お得なイメージで売る本当は不利な投信/テーマ別投信 投信本来の分散効果が低くなる欠点がある ほか)/4 市販の投資信託と同じものを自分で組んで“低コスト投資”(バランス型投信を自分でつくる 株式投信と債券投信を組み合わせるだけ/国内株式投信を自分でつくる 複数銘柄購入でトータルコストを大幅ダウン ほか)/Appendix 自分の保有投信の“儲け”がわかる早わかりチェックシートこの商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> 株・資金運用

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。